Spyrix Personal MonitorをどのようにKasperskyで例外(信頼されたプログラム)に追加しますか

ステップ1Kaspersky Internet Securityを開き保護を一時的に無効にしてください: システムトレイのKasperskyアイコンを右クリックして保護を一時停止を選択してください

manual

時間間隔を選択し、保護を一時停止をクリックしてください

manual

開かれた画面で“次の30分間に確認のメッセージを表示しない にチェックを入れて“続く”をクリックしてください

manual

ステップ 2. Spyrix Personal Monitorプログラムをこちらからダウンロードしてください: http://www.spyrix.biz/downloads/spm_setup.exe

ステップ3. Spyrix Personal Monitorプログラムのインストールを開始してください。プログラムをインストールしてから、実行してください。

プログラムのインストール方法については、弊社のマニュアルを参照してください: http://www.spyrix.com/manual.php#howtodownload

ステップ4.Kasperskyのインターフェースを開いてください。画面の下左側にある設定アイコンをクリックしてください。

manual

ステップ5. 開かれた画面の追加の– > 脅威と例外をクリックしてください

manual

ステップ6. I例外セクションで例外を管理をクリックしてください

manual

ステップ7. 開かれた画面の追加ボタンをクリックしてください。

manual

ステップ8.“ファイルやフォルダ” というフィールドで手動で次のフォルダパスをコピーペーストしてください: C:\ProgramData\{89DF3612-BE12-A0A6-D34F-FD696F512FCB}\

デフォルトステータスアクティヴであるべきです。次にもう一度“追加”をクリックしてください

manual

ステップ9. 同じようにC:\Windows\runkey.exe ファイルを例外に追加してください。

manual

ステップ 10. 例外画面は次のように見られるべきです

manual

ステップ 11. すべての画面閉じてからウイルス対策保護を有効にしてください

 

50% DISCOUNT ! BUY NOW